サポート系資格の代表は介護事務

介護系資格一覧~キャリアアップを目指して~

おすすめ記事介護予防運動指導員

キャリアアップを考える方へ介護に関する資格をどのくらい知っていますか?いきなり高い目標を掲げてしまっては途中で挫折してしまうかも知れません。そこで様々な資格を知り、さらに取得のしやすさ、キャリアアップの測り方をご紹介します。その中で、自分に合う道を見つけましょう。Contact : carelicenselist@yahoo.co.jp

DATE/2016.1.24

介護事務

介護事務とは

介護のサポート的な役割を果たす資格の一つである介護事務とは、運営に不可欠の「介護報酬請求業務」を中心に、介護の事務業全般を行う業界必須の専門技能です。介護サービス利用者が年々増加している超高齢社会に突入した現在において、介護事務の活躍の場は更に広がっています。仕事内容はデスクワーク中心なので体力的な負担が少ないために長期的に安定した働き方をしたい方には人気の資格となっており、一生役に立ち続ける資格といえます。

介護事務とは

仕事の魅力を知る

介護事務の魅力としては年齢を重ねても長く働ける点です。デスクワーク中心の業務となっていますので、力仕事や長時間のハードワークとは異なり幅広い年代の方が活躍できます。直接介護を行うヘルパーや介護福祉士から体力的に厳しくなってきた方、将来的には体力的な負担を減らしたい方などには特におすすめの仕事内容となっています。そしてすでに他の介護資格を持っている方でも、介護事務の技能を取得することによって仕事の範囲が広がり、現在の仕事からさらにキャリアアップを図ることが可能です。ケアマネージャーなどを目指す方には魅力的な資格といえます。
体力的な面、そしてキャリアの面でおすすめの部分を紹介しましたが、何より仕事としてのやりがいの面から見える魅力もあります。それは、事務所の運営において必要不可欠な存在であるという点です。つまり、人に頼られ人に必要とされる仕事であるということです。介護サービスを利用する方、そのご家族の方が最初に施設で接するのは介護事務のスタッフですので、スタッフから必要とされるだけではなく利用者からも頼りにされ、役に立つ喜びを直接感じることができます。

仕事の魅力を知る

働き方を選べる

介護事務は働き方に幅がありますので、自分のライフスタイルに合った時間に働くことが可能です。パートタイムでも正社員としても働き方が選べますので様々な環境に合わせることが出来ます。全国共通の技能ということもあり、引っ越しをしたとしても身近な場所で職場を見つけやすく主婦の方であれば家事・育児との両立を図ることも容易です。夫の転勤についていく際に離れた場所に住まいが変わったとしても、その転勤先で仕事を見つけることも可能です。また以前から憧れていた、住みたい場所で働くことも可能ですので少し冒険しても生活に窮することはありません。
介護業界は慢性的な人手不足ですので今後もますますニーズが伸びていくことを考えても、取得しておいて損はない資格です。また、履歴書でアピールすることが出来る資格である上に、他と比較しても取得しやすい資格ですので就職活動の際にライバル達に差をつける強い味方である資格です。

働き方を選べる

ピックアップテーマ

介護職員初任者研修

介護の業界を目指すなら、まずはこの資格が必要と言えます。パートで働きたい主婦の方、またはこれから介護業界を背負って立ちたいと意気込む方等様々かと思いますが、まずは介護職員初任者研修を修了し、介護についての基礎を培いましょう。介護職員初任者研修を修了するまでの道のりと介護職員初任者研修の資格について知りましょう。続きはこちら